株式会社豊栄工業

モノづくりビジョン

お客様と育むモノづくりを目指して

金属加工業からの転換

創業から45年を越え、豊栄は金属加工一筋からの転換を迎えようとしています。
もともと金属加工のよろず屋的な存在として、
多くのお客さまに可愛がっていただいて参りましたが、
世界の早く激しく変わるトレンドや、
グローバルに取り組まれるお客さまのご要望に多くを応える力が無かったこと、
それが身の丈に合った事業を見直す機会となりました。

豊栄工業ブランドの誕生 -お客様と共に-

その一つが自社商品をつくり、コンシューマー向けにサービスを展開することです。
この取り組みを始めて8年が経ちましたが、現在も多くのことを学ばせていただくなか、
品質の改善や商品のアイデアについてお客さまと意見を交わし作り込んで行くことを経験致しました。

こうした当たり前とも言えるリアルな活動を改めて本業に取り込むことが、
製品の価値向上につながるものと考えています。
モノづくりの若い担い手が減少していく社会にあって、
国内でのモノづくりだからこそ創出できる価値、
お客さまと共に創意工夫や知恵を活かしていく経営にこだわって参りたいと思います。

次世代のモノづくりを考える

そのための手段として、
情報技術を活用したお客さまとの双方向での交流やサービス、
そして製品の使用価値向上を図るための継続的な活動を推進し、
次の100年を見据えた『モノづくりサービス業』への転換を計って参ります。

お客様と育むモノづくりを目指して

美和 敬弘 Takahiro Miwa
常務取締役 Executive Managing Director

プロフィール
岡山理科大学理学部卒業
株式会社ニフコを経て2002年に豊栄工業入社。
品質マネジメントシステムの構築、医療機器・航空機部品・バイオプラスチック製品事業の立ち上げ推進。
平成19年 永井科学技術財団 技術賞受賞
平成27年 中部科学技術センター顕彰 振興賞受賞
平成29年 文部科学大臣表彰 技術部門 科学技術賞受賞
平成30年 第7回ものづくり日本大賞 製品・技術開発部門 内閣総理大臣賞受賞

PAGE TOP